なんか見てる前で登ろうとしてるので、そのまま観察してみた。


多少ザリザリッと手を滑らせながらも、素早く登り始める。


「なんだよー」


無事到達。照明などを吊り下げるための部分に器用に挟まってます。


そこに行きたかったのかな? 満足?


「うわーたかーい」おバカさんかねチミは。